フォアグラの歴史

フォアグラの歴史
古代エジプトの浮き張り


古代エジプトから

実はフォアグラの歴史は長いです !
古代エジプト(およそ5000年前)に発見されまし。ナイル川三角州に渡ってきた野生のガチョウが季節回遊の長い旅に備えため故意に多くの食糧を飲み込み貯蔵して、自然に肝臓を肥大していました。当時のエジプト人がこの肝臓の大きさと味に驚き、意図的にガチョウ(実は他の動物も)肥育する習慣が生まれたと思われます。
肝臓が肥大することは病的な症状ではありません。実は渡り鳥の自然サイクルの中でもフォアグラが自然に作られてるとも言えますよね!

ローマ帝国時代

その後古代ローマ人で(すなわち2000年前)が、干しイチジクとガチョウを肥育し肥大させた肝臓を高級食品として宴会の時出されてた。ローマ帝国の大プリニウスの『博物誌』に記録されました。
面白いことは、現在のフランスとフォアグラの繋がりは言葉まで分かります。実は「foie (フォア)」の由来はラテン語の「フィグ (イチジク)」から来ました!間違えなく「Foie gras」そのものの歴史は少なくとも2000年があります!

conserves

XVIII 世紀フランスで

フランスの革命の頃までは生産地以外は貴族、名士のテーブルにしか出ませんでした。南米から導入されたトウモロコシがフランス南西部に普及したとともに鴨とガチョウのフォアグラ生産が起動しました。現在は肥育のためイチジクではなく、トウモロコシを使われる。
ナポレオン時代(ⅩⅠⅩ世紀の初め)に瓶詰での保存がフランスで発明された後、フォアグラが世界中に広がりました。

現在のフォアグラの市場

XXI世紀までフランスのフォアグラとの絆は強化しました。フォアグラの生産も消費もフランスが最も多くなっている。2015年に世界の生産量は25,600トン前後、そのうち75%はフランスでした。

フォアグラを注文するなら、やっぱりフランスからの高級商品を選ぶよね!