フォアグラの生産地方

regions à foies gras

フランス南西部のフォアグラ:伝統と高品質

当サイトに提供するフォアグラは全てフランス南西部で生産され、原産地又は品質を保証されます。

ペリゴールはご存知ですか?

まずシェフの相性あるフォアグラはの地方はペリゴール(Périgord)です。
実は大人としてフォアグラを発見する前に子供の時に夏休みを過ごしたから思い出が心に溢れてる!
ペリゴールは1万5年前後前から人間が暮らしてる場所です。

perigord-view-3

ペリゴールはご存知ですか?

まずシェフの相性あるフォアグラはの地方はペリゴール(Périgord)です。
実は大人としてフォアグラを発見する前に子供の時に夏休みを過ごしたから思い出が心に溢れています!
ペリゴールは美食で知られ勿論、フォワグラ以外はワイン(ベルジュラック、モンバジヤック)とトリュフの産地として伝統的に有名であるが、「douceur de vivre」(生きる喜び)の天国として知られる。2~30年前からイギリスから別訴を買う方は圧倒的に増えました。偶然ではない。。。気象の良さ、歴史(中世期の城は数えきれない程多い!)、食べ物など、やっぱり素晴らしい地方です。ドルドーニュ川沿いに古代ローマ時代の遺跡など、先史時代の史跡が豊富である。最も有名なのは、洞窟画で知られるラスコー 洞窟である。確かに。1万5年ぐらい前から人間が暮らしてる場所です。

IGP

ラベル・ルージュと原産地保証 (IGP)

ラベル・ルージュ: 上級品質ののカステルノ・フォワグラは、厳正たる品質基準に沿って生産されています。ラベル・ルージュ認証済みのフォワグラ。ここにしかない、最上級の品質の証です。
20年前、ペリーゴードで加工されたアヒル・フォアグラとガチョウの多くは、海外や他の生産地から来ていて、依然としてその地域の欺瞞であったペリゴールの名称で売られていました。良く消費者が騙されていました。

ペリゴールの「IGP」ラベルは地元の生産者が製品の品質を守り、地理的な原点と品質が保証された完全な透明性を持つフォアグラを選ぶことを可能にすることから生まれました。

  • IGP (Indication Géographique Protégée)」は、フランス(欧州連合)に、製品の品質及び原産地を識別と保護する制度であります。例えば、フォアグラの場合は飼育と瓶詰・缶詰の調理は必ずフランスの南西地域にあります(長い運通を避ける)。
  • IGPの規制のおかげで鴨の飼育は生産・調理の近くとなり、第三者からの検疫、品質等の調査はやりやすくなります。
  • この鴨は牧場で(平飼い)自由に育っていて、主にトウモロコシを主成分にした餌しか食べない。