フォアグラの種類

“フランスでは、前菜として召し上がる習慣があります。それは、瓶詰のフォアグラです。お家でも、お友達と気軽にパーティな気分をしたい時抜群です!
パンとお好みの野菜でフォアグラの厚切りを召し上がり下さい。
一点だけ、重要と思います:パンの種類です。
日本では、小麦粉もの殆ど「パン」と呼ぶですよね。ただし、フォアグラと食べるときにはロールパン見たいは合わないと思います。シェフのお勧めは小麦粉、ライ麦粉と全粒粉のパン、左側の写真のようなパンです。日本では見つけにくいですが、優秀なフランスパンの職人さんが増えました。最近は首都以外でも凄く美味しいパン屋さんがあります、是非お試しください。
本サイトのブログのページにご参考下さい。”

foies gras

フォアグラの種類

簡単に言いますと、現在は2種類の家禽のみ使用される:鴨あるいはガチョウ。その中特別の種類もあります。
鴨のフォアグラとガチョウのフォアグラの違いは主に味と形です。鴨のフォアグラ、安定した風味をもたらす。口の中に味がより強く感じられます。
ガチョウの方は極上の味わいとより繊細な感触で、フォアグラ愛好者にとっては本命です!

Oies périgord

生のフォアグラ又は瓶詰?

当サイトでは瓶詰と缶詰のみ販売となります。瓶詰(缶詰)は慣例なフォアグラの調理の仕方です。105℃から115℃まで加熱加工処理で仕上げた、中までねっとりした組成となります。日本では主にレストランで食べるもので、殆ど生ポワレですよね?是非とも瓶詰のフォアグラをお試し下さい!
フランス(主に欧州連合)の規制に従って、「Foie gras (フォア・グラ)」 とその属性名称 「entier (アンティエ)、 bloc (ブロック)」と言う呼び方は正確な意味がついています。調理方法もそれぞれれす。

  • 「Foie gras entier (フォアグラ・アンティエ)」 :
    フォアグラ100%で房を詰めたものです。瓶詰又は缶詰で、容量によって房の一つ又は一部分を入れる。
  • 「Bloc de foie gras (ブロック・ド・フォアグラ)」 :
    幾つのフォアグラを集まった、同質的な味は特徴です。

お召し上がり方法

フランスでは、前菜として召し上がる習慣があります。それは、瓶詰のフォアグラです。お家でも、お友達と気軽にパーティな気分をしたい時抜群です!
パンとお好みの野菜でフォアグラの厚切りを召し上がり下さい。
一点だけ、重要と思います:パンの種類です。
日本では、小麦粉もの殆ど「パン」と呼ぶですよね。ただし、フォアグラと食べるときにはロールパン見たいは合わないと思います。シェフのお勧めは小麦粉、ライ麦粉と全粒粉のパン、左側の写真のようなパンです。日本では見つけにくいですが、優秀なフランスパンの職人さんが増えました。最近は首都以外でも凄く美味しいパン屋さんがあります、是非お試しください。
本サイトのブログのページにご参考下さい。